門松

先日Twitterにて話題になっていた
こちらの画像

とある教会の門松だそうです(笑)

こういうフレキシブルな所が今の時代を象徴していますね!

そういえば松の内はざっくり分けて関東と関西では期間が違うのをご存知ですか?

※松の内とは正月の松飾りをしておく期間の事

関東は1月7日の大正月、関西では1月15日の小正月までのお家が多いそうです。

松の内の期間は関東と関西では1週間ほど違いますがなぜかと言うと

「鏡開きの日」が変更されたことに由来しているという説があります。

鏡開きはもともと1月15日の松の内が終わったあと、旧暦の1月20日に行われていましたが江戸幕府3代目将軍である徳川家光が、4月20日に亡くなったことにより、月命日の20日が忌日となります。

そのため江戸城がある関東では、1月20日の鏡開きを1月11日とするようになったため大正月と呼ばれる1月7日まで短くなったとされています。

そのため松の内の期間を短くすることは、関東の風習として始まったのです。

こういった事情もあり、江戸幕府の影響をあまり受けなかった関西まで広まらなかったことが、松の内の期間が東西で違う理由とされています。

なんだか余談の方が長くなってしまいました(笑)

ではまた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中